報恩講もちつき

10月26日(土)に報恩講もちつきが行われました。190名を超える園児・保護者・祖父母の方々・卒園児とたくさんの方が参加してくれ、にぎやかなもちつきになりました。当日お手伝いしていただいた皆様、ありがとうございました!

はじめに如来寺本堂で報恩講のお参りが行われました。3・4・5歳児の礼拝の様子を見て頂きながら、参加された皆さんにも理事長から報恩講の話を聞き、その後、園に戻りもちつきがスタートしました。

3歳児からもちつきスタート!!はじめて杵を持つ子どもが多く、「おもたーい」「よいしょ!」と、お手伝いのお父さんと一緒に頑張っていましたよ!

4歳児の子どもたちも「よいしょ!」と大きな声を出してもちつき。もち米がどんどんお餅になっていくのを見て「お餅になってきたよ!」と大興奮でした!

5歳児の子どもたち。毎年参加してきた子どもたちなので、「よいしょ!」の掛け声もお手のもの!毎年お手伝いして下さっているお父さんと楽しそうに餅をついていました。

はじめにつきあがったお餅をお供えに行くのは5歳児のお仕事。なでなで地蔵様、金仏様、如来寺本堂、観音様につきたてのお餅を持っていき「お餅です。食べて下さい」とお供えしていました。

つきたてのお餅は格別のようでみんなおかわりをして食べていましたよ。今年の人気のお餅はあずきのお餅でした!!去年はきな粉のお餅が人気だったのですが・・・たくさんの方にお手伝いしていただいて、8臼ものお餅をつきあげることが出来ました!ベテランのお手伝いの方も今年で終わりの方が多く・・・でも来年のお手伝いもお待ちしておりまーす!!

つきたてのお餅をちぎって丸めるのも保護者の方がお手伝いしてくれ、美味しいお餅が出来上がりました!ありがとうございました!今年は餅をちぎって丸めるプロのお父さんのお手伝いもあったんですよ!他のお母さんやおばあちゃんとの連携プレーもばっちり!!でした。みなさんまた来年もお楽しみに!!