保育参観

11月16日(土)に2歳から5歳児の保育参観が行われました。

2歳児はクラスで遊んでいる様子や小麦粉粘土をお友だちや先生と作る姿を見ていただきました。

 

小麦粉に水や油など入れてこねこね…。楽しそうです!

3,4,5歳児は異年齢クラスと同年齢クラス両方での子どもたち様子の参観です。

 

ホールでは巧技台を5歳児が中心となり組み合わせてサーキットをつくりました。

 ケーキやさんごっこ

どんなケーキにしようかな…。

ピタゴラスイッチを作ろうといろいろな廃材を使って考え中です!!

5歳児はどんぐりじゃんけんゲームをしました。

3チームに分かれていましたが人数を合わせるためにどうすればよいか考え中。

子どもたちならではの考えに「そんな発想はなかった…」とびっくりの担任です。

じゃんけんをして勝ったらどんぐりを1つもらえるルール。

最後にチームのどんぐりを合わせて多かったチームの勝ち!

さてどこのチームが勝ったでしょうか!?

参観の後は石川県議会議員、童謡・唱歌研究家の太郎田まりさんによる講演も行われました。

最近あまり聞かれなくなった唱歌の歌詞の意味や作詞された方の思いなど話して下さり、ぜひ子どもたちに伝えていきたいと思った講演会でした。

日本の美しい歌を親から子へ是非歌っていきましょう。